ロータリー年表

主 な 出 来 事
1905 2月23日、シカゴ・ロータリークラブ創立
1906 シカゴRC定款制定及び改定。
1907 公衆便所設置運動(シカゴRC)
1910 全国ロータリークラブ連合会結成、第一回全国大会。ロータリーの綱領制定。
1912 国際ロータリークラブ連合会に改称。ロータリー・マーク制定 機関誌名をザ・ロータリアン誌に改称。ロータリーの綱領改定
1913 水害救助拠金。身体障害児対策開始(シラキューズRC)
1914 ロータリー旗制定。イギリスがB.A.R.C.結成。難民救援活動(イギリス・アイルランド)
1915 ロータリー倫理訓採択。ロータリーの綱領改定。標準定款・模範細則採用。District制度及びガバナー制度制定。アディショナル正会員制度設定。身体障害児対策を開始(トレードRC)
1916 A talking knowledge of Rotary出版。青少年活動委員会設立。出席競争開始
1917 アーチ・クランフ基金創設。身体障害児協会設立(トレードRC)
1918 戦争避難民救済資金募集(アメリカの各クラブ)
1919 国際協議会においてガバナー会議が開催される
1920 東京RC設立。青少年週間行事開始(ニューヨーク)。奨学金制度開始(アトランタRC)
1921 アメリカ以外で最初の国際大会がスコットランド・エジンバラで開催、これを記念して、綱領に国際親善と平和の項目を加えることを決定
1922 国際ロータリーに改称。ロータリーの綱領・定款・細則改正。メークアップ規定制定 R.I.B.I.地域運営が認められる。出席規定制定。大阪RC設立
1923 決議23-34採択。ロータリー記章制定。関東大震災見舞金がRIより送られる
1924 神戸・名古屋RC設立
1925 京都RC設立
1927 ベルギーのオステンド大会で、四大奉仕部門が設定される。
1928 日本が第70地区に設定される。ロータリー財団設立。The Meaning of Rotary 出版
1930 ロータリー創立25周年。パスト・サービス会員制度設定。青少年交換指針発表。
1931 ロータリー財団信託宣言。
1932 四つのテスト発表。[国の法律習慣に関する批判]を発表。
1933 レビスタ・ロータリアン発行。[ロータリアン間の取引関係]を発表。 国際大会で始めての規定審議会が開催される。Rotary ? 出版
1934 [国亊に関する方針の声明]を発表。ロータリーの綱領改正。This Rotarian Age 出版。
1935 国家間訪問(ロータリー友情交換)プログラム設定。大連宣言発表
1936 ドイツでクラブ解散。[国家有事中のロータリー活動]を発表
1937 イタリア・オーストリアでクラブ解散
1939 シニア会員制度設定。日満ロータリー連合会結成。国際身体障害者協会設立(エドガー・アレン)
1940 日本がRI脱退。[青少年への奉仕の目標]を発表。
1942 チェスレイ・ペリーRI事務総長退任。シニア会員をシニア・アクチブ会員に変更。 [ロータリアンに対する事業上の援助と助言]を発表。
1945 国連憲章起草に参画。ロータリー財団の目標設定。
1946 米山梅吉、福島喜三次逝去。ロータリー財団奨学生制度計画発表。
1947 ポール・ハリス逝去。ロータリー財団奨学生制度実施。第一回復協議会開催。
1948 [Service is my Business][My Road to Rotary] 出版。
1949 東京・大阪・京都・名古屋・神戸・福岡・札幌RCがRI復帰。ドイツがRI復帰。
1950 [He profits most who serves best] [Service above self] を正式標語に決定。
1951 中華人民共和国RI離脱。RI加盟認証番号を廃止。 ロータリーの綱領[ Objects ] を [ Object ] に変更。最初のロータリー財団奨学生来日。
1952 日本2地区に分割
1953 ロータリーの友創刊。東京RCが米山奨学金制度設立
1954 四つのテスト版権がRIに寄贈される。エバンストンに中央事務局完成
1955 ロータリー創立50周年。ロータリー財団の目標改正。シニア・アクチブ会員制度一部改正。日本4地区に分割
1956 ロータリー財団週間制定
1957 ロータリー米山記念奨学会設立。日本5地区に分割
1958 世界理解週間制定
1959 財団奨学生の目的を国際理解に変更。[ Seven Paths to Peace ]出版。日本6地区に分割
1960 日本7地区に分割
1961 インターアクト・クラブ提唱。日本8地区に分割
1962 インターアクト・クラブ設立(フロリダ)。WCSプログラム発足
1963 [国際ロータリーの基本方針][ロータリーの基本的特色]を発表 仙台に日本最初のインターアクト・クラブ設立
1964 シニア・アクチブ会員、アディショナル会員制度一部改正
1965 ロータリー財団プログラム改正。日本11地区に分割
1966 職業分類指針制定。最初の研究グループ交換来日。
1967 財団法人米山記念奨学会設立。地区出席競争制定。日本13地区に分割
1968 海外ロータリー・ボランティア制度発足。世界親睦活動発足 ローターアクト・クラブ設立。居住地会員制度設定。アーチ・クランフ賞設定。日本14地区に分割
1969 青少年活動週間設定。地区幹事・地区会計制度設定
1970 規定審議会をRIの立法機関とすることを決定。シニア・アクチブ会員制度一部改正。日本17地区に分割
1971 公害防止の指針発表。ロータリー財団に心身障害者教師の奨学金を設定 ロータリー青少年指導者養成プログラム(RYLA)設立。日本18地区に分割
1972 [環境の改善]を発表。
1973 意義ある業績賞を制定。日本20地区に分割
1974 環境保全と資源問題の委員会設置。
1975 [国法の遵守]を発表。ロータリーの友英語版創刊
1976 マッチド・クラブ制度復活。[ロータリーの目的]発表 ジャーナリストのためのロータリー財団奨学金制定
1977 日本22地区に分割
1978 3-Hプログラム制定。日本23地区に分割
1979 職業奉仕週間新設
1980 ロータリー創立75周年。ロータリー国際平和賞を制定。「ロータリーの友」公式地域誌に認定。日本24地区に分割
1981 RI日本支局開設
1982 日本26地区に分割
1984 [ロータリーの基本的特色][ロータリーの定義]を改正
1985 ポリオ・プラス運動開始。日本27地区に分割
1987 [職業奉仕に関する声明]を発表。日本28地区に分割
1988 [他団体への協力]を発表。ロータリー理解推進月間・会員増強拡大月間新設。
1989 [職業宣言]を発表。女性会員入会。日本30地区に分割
1990 [子供の権利]を発表。ロータリー財団寄付シェア・システムに改正 われらの天体、地球プログラム発表
1991 [国際ロータリーの使命]を発表。日本31地区に分割
1992 [社会奉仕に関する声明(決議92-286)][環境保全(決 議92-287)]を発表。 ロータリー財団プログラム改正。日本33地区に分割。アディショナル正会員制度一部改正
1993 世界社会奉仕の目標発表。ロータリー財団ジャパン・プログラム開始
1995 メークアップ期間の延長。ロータリー・ワールド発刊 ゾーン制度改正。パスト・サービス会員資格改正
1996 新世代会議開催。女性のニーズに応えるロータリー活動声明を採択
1997 ニューリーダーシップ・プランの採用
1998 出席免除適用規定改正
2000 ロータリーのIT革命。
2001 一人一業種制廃止。正会員と名誉会員に統合・シニア、パスト、アディショナル会員廃止。メークアップ規定の改正。サイバークラブ認可
2003 ロータリー・ファミリー
2004 大阪国際大会開催。They profit most who serves bestに変更
2005 ロータリー創立100周年。クラブ・リーダーシップ・プランの採用
2007 会員資格の変更(財団学友・地域社会活動家)。出席義務の緩和
2010 新世代奉仕が加わり五大奉仕となる。One profit most who serves bestに変更
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed